第二弾、普段ほとんど本を読まない人の読書感想文。

どくしょかんそう文

継続的にアウトプットする技術

全42ページのよき本です. こちからからDL版が買えるようです. https://booth.pm/ja/items/1302506

超訳目次は

  1. アウトプットする利点
  2. 続けるために
  3. 環境と時間
  4. さらに詳しく
  5. 健康と精神的衛生

みたいな目次になっています.超訳なので,たぶん. 本当の目次はサンプルにかいてあるんじゃないかなぁ.

利点

アウトプットする利点ですね.運動性記憶,関連付け,思考が深まる,といった感じ.

アウトプットは記憶と整理と訓練の側面があるようですね.

続けるために

コツコツ続けることの大切さと方法が書いてあります. 一日に使える時間は数十分.そんな中ガッツリ時間をとってやるのはきびしいので,毎日やることが大切になってくる.みたいな旨のことが書かれているとおもってます.

締め切りも有効みたい.

環境と時間

メインの章ですね. 意志力の話です.と時間と意志力どう関係があるのかというと,時間とともに意志力が消耗する,みたいな話. あとは集中するための環境の話です. 意欲が出ないとか,スタンディングするとか. ルーチン化っていうのもありますね.

さらに詳しく

本やブログの執筆について書かれています. 意欲と時間がそろって書くだけ.さぁ書くぞ,ってときの具体的アプローチ.

ちなみにこのブログが短いのは実践してないだけです.ホントです.

箇条書き,スライド化,スマートフォンで執筆するのもいいね,みたいなことが書いてあります.

健康と精神的衛生

そのまんまです.

批評や疲れに対する対処方法が書いてあります.これは気の持ちようとかではなく,グルコースを摂取するとか,体内グルコースの供給とか,わりかし科学的な話が書かれております.

まとめ

まぁ,そんな感じでいろいろためになる話が書かれています. 資料や具体的なデータが埋め込まれていないので外部までわざわざ原文を探りに行くのが面倒ですが,そこも含めて勉強になるのではないかと思いました. こういった自己啓発系の本は精神衛生的に良いので好きです.

実践するかしないかはともかく. 興味のある人は買ってみてもいいんじゃないかとおもいます.

が,出版社の本ではない,同人誌とか自費出版なので,ご注意をば. 僕は好きです.